品質向上・セキュリティーへの取り組み
BroadCenter 取得認証

弊社データセンターでは、常にお客様に満足していただけるサービスを提供できるよう、品質改善活動を継続的に実施しています。
また、お客様に安心してサービスを利用していただくために、情報セキュリティの維持と向上に取り組んでいます。 具体的には、2007年10月に国際的な情報セキュリティ規格であるISO27001の認証を取得し、2008年9月にはITサービスの品質向上、ITサービスに掛かるコスト削減などのマネジメントを効率的、効果的に行うためのマネジメントを目的とした規格であるISO20000を取得いたしました。
※2009年4月の審査において、ISO27001の管理策とFISCで要求される管理策を統合。
■登録組織
株式会社TOKAIコミュニケーションズ エンジニアリング本部
インフラ基盤事業部 静岡データセンター、クラウドサービス部、事業統括部
アプリケーション事業部 システム五部 運用課
■認証登録範囲
顧客要求事項に基づくコンピュータシステムの運用及び情報処理サービス

【ISO20000-1:2011】
ISO20000-1:2011とは、国際標準化機構(International Organization for Standardization)によって定められたITサービス提供者のマネジメント評価に関する国際規格で、「ITサービスマネジメントシステム(ITSMS)」と呼ばれます。
同規格はITサービスの品質を適正に提供することを目的に定められた仕組みです。

【ISO27001:2013】
ISO27001:2013とは、国際標準化機構(International Organization for Standardization)によって定められた情報セキュリティに関する国際規格で、「情報セキュリティマネジメントシステム」と呼ばれます。
同規格は情報セキュリティを確実にするための、具体的な管理策について網羅しています。組織・企業内にある様々な「情報資産」をリスクから保護する対策(設備、管理するためのルール決め)を講じ、安全に事業を展開することを目的に定められた仕組みです。
【FISC】
FISCとは財団法人金融情報システムセンター(The Center for Financial Industry Information Systems)の略称で、昭和59年11月に、当時の大蔵大臣の許可を得て、金融機関、保険会社、証券会社、コンピュータメーカー、情報処理会社等の出損によって設立された機関です。
同機関が発行している「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準」は金融機関等の自主基準として策定され、金融情報システムに関する安全対策の共通のよりどころとして、FISCにおいて金融業界等の合意のもとに作成されています。
TOKAIコミュニケーションズ 情報セキュリティ基本方針

TOKAIコミュニケーションズ プライバシーポリシー

詳細説明資料、サービスカタログ、価格表などをお送りいたします。